UA-107545096-1

News & Topics

Dragon Ash『Live at YOKOHAMA ARENA』

2018年03月30日

 

Dragon Ash デビュー20周年を締めくくるライブとして行われた横浜アリーナ公演(2018.1.28

その記念すべきライブを完全収録した Blu-ray & DVD

Live Tour MAJESTIC Final at YOKOHAMA ARENA328日に発売されました。

 

 

このライブの模様はWOWOWでも生放送されましたがその時もステージ裏の中継車に乗って放送用ミックスを担当しました。

 

今回発売されたパッケージでは生放送とは全く別のミックス『VR Sound』で横浜アリーナの空間をバーチャルで再現し、ごく一般的なテレビやお手持ちのイヤフォンなどでも『立体的なサウンド』を体験することができます。

 

 

 会場内には18本のオーディエンスマイクを立てて、できる限りの横浜アリーナ感を再現しましたが、実際にこの18本のマイクをバンドのサウンドに混ぜ込むのは本当に『至難の技』というべき作業でした。それぞれのマイクには時間差がありますから、演奏しているテンポとは全く関係ないタイミングでずれている訳で、それをどうミックスすれば心地よく横アリの広さを再現できるのか。

それはそれは大変な作業でした。

 

しかもVR MIXでは真横や耳の後ろ側にその微妙にズレたオーディエンスマイクを配置していかなければならないため、通常の2ミックスのようにバンドの後ろにいい感じに混ざってくれません。これには誤魔化しの効かないとてもシビアなミックステクニックが要求されました。

かなりの時間試行錯誤し、トライ&エラーを繰り返した末に感じたことは、やはり最終的には補正(イコライジング)とバランスが大事なのだなと。絶妙と言える横アリの再現を示す音はその基本の操作の組み合わせにて生み出すことができました。

VRの微妙な位相を少しずつ補正しながら邪魔にならない臨場感を作っていく。本当に『至難の技』です。

 

 

 

これがおそらく、VR Sound として最初のライブ作品となると思います。

さてどんな仕上がりになったのか。

 

ぜひチェックしてみて下さい!!


 


ページトップへ  ページトップへ

3Dミックスに関するお問い合わせ
VR MIX


 MIXのご依頼(インディ/個人)
DTM STATION ENGINEERING


動画によるレクチャーサイト