News & Topics

PlugIn 実践講座

2017年09月08日

『ごまかしでないミックスを作る』

 
誰でもプロと同じ機材を持てるようになった昨今、作品のクオリティを左右するものはエンジニアの腕次第とよく言われます。
そしてクオリティ高く仕上げるためにはやはり「経験値」と「引き出しの多さ」が必要になるということ。これは周知の事実ですね。しかし今、DAWを使用しているほとんどの方はこの「経験」をする場所や機会がないのもまた事実です。そんな時代ではありますが、ある程度のセオリーを繰り返し実践することにより、様々な場面で応用が利くようになっていくものと私は思っています。

そうです。ミックスがうまくなるためには「繰り返し実践する」こと。そして「応用を考える」こと。これに尽きます。

ただし、闇雲に数をこなしただけではだめです。私もアシスタント時代にたくさんの先輩エンジニアの方々の手法を学び、盗み、考え、そして自分流にカスタマイズして引き出しを増やしていきました。同じ答えを導き出すにしてもその道筋はひとつではありません。アーティストやクライアントの意向を汲みながら様々な手法を用いて自分流の音を完成させるのは容易なことではありませんが、こうして揉まれ、考え抜いた経験が今のサウンドの核を作ってくれたのだと思っています。

ただ私のようにアシスタント経験がなければ誰かの技術を盗むことができません。
そこで、メディアインテグレーションさんとの共同企画『飛澤正人のWAVESプラグイン実践講座』をスタートさせることにしました。

この企画はユーザー参加型です。
いつも皆さんがミックスしていて「疑問に思うこと」「どうやったらいいか分からないこと」など気軽に質問してみて下さい。
こちらで質問を選定させていただき、ビデオTipsという形でお答えしていこうと考えております。
共同企画ゆえ、使うプラグインはWAVESが中心になると思いますが、皆さまからのたくさんのご質問をお待ちしております!


 


ページトップへ  ページトップへ

VRミックスに関するお問い合わせ
VR MIX


 MIXのご依頼(インディ/個人)
DTM STATION ENGINEERING


動画によるレクチャーサイト